Home   Site map   Contact   お問い合わせは▶
コミュニケーションを通じてお客様に貢献する。

明星印刷工業株式会社 MYOJYO PRINTING INDUSTRY CO.,LTD.

経営方針会社概要社会的責任CSR営業部企画営業部業務実績生産部主要設備AR動画ARカード印刷ARシール印刷のぼりプリントオンデマンド印刷フォトライブラリーおもしろプリントユニバーサルデザイン販促グッズ自分史・家族史営業日カレンダー用紙の豆知識データ入稿・Mac/Win印刷の知識お問い合わせフォームお支払い方法募集 採用情報

画像解像度とは

一言で言うと画像の密度のことです。

 

解像度?

画像解像度とは、その画像がどのくらいの密度で構成されているかを表す数字のことです。
1インチの中に、いくつかのピクセル(マス)が並んでいるのかを表しており、1インチあたりのピクセル数が多いほど、画像解像度が高いといえます。単位はdpi(dots per inch)

dpi

 

画像を扱う時に使う言葉で、画素数というのもあります。デジタル画像を構成する単位である、色のついた「点」の事でピクセルと同意語で、同じサイズの用紙に印刷する場合、この画素数(ピクセル寸法)が多いほどなめらかで高画質な印刷ができます。

 

画素数が高い場合

1000万画素で、解像度が350dpiの画像をA4サイズで印刷した場合のイメージです。
解像度が十分にあるため、きれいな仕上がりになっています。

dpihigh

 

画素数が低い場合

200万画素で解像度が350dpiの画像をA4サイズで印刷した場合のイメージです。
同じ解像度でも画素数が低いと、ギザギザになったり、細部のディテールがぼやけた状態になり、画像のクオリティは下がってしまします。

dpilow

 

弊社での画像解像度の基準数

画像解像度は、[イメージメニュー/画像解像度]で[再サンプル]のチェックを外した状態で
350dpi(ppi)にして下さい。
モノクロ2階調の場合は、1200前後にしてください。

 

印刷に適応する画素数

モニター上で大きく見える画像も印刷適正サイズに変換すると約1/5に縮小されてしまいます。
以下のサイズ表を参照にして下さい。
画像をフォトショップなどのレタッチソフトで拡大処理して画素数を上げても画質は向上しません。
デジタル一眼レフカメラで撮影した画像であれば200%くらいまでなら劣化を抑えた拡大が可能です。

 

px